スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

ぬか炊き

ぬか炊きとは、北九州地方に伝わる郷土料理です。
江戸時代から伝わる郷土料理だそうです。
ぬかみそだき、じんだ煮とも言うようです。

:ぬか漬けのぬかがあるでしょ?
 あれをいれて炊く小倉の郷土料理っちゃ。
ぬか床の、ぬかみそを入れて炊く??
そう教えてもらった時には、びっくりした私ですが、
いざ食べてみたら、あら、美味しい!!
今ではすっかりはまっています。(笑)
増えるぬか床を減らすのに役立ちますし、
よく作ります。旦過市場にも「ぬか炊き」は売っていますが、
家で作るものが、やはり好みの味付けに出来るから、
格別で~~~~す。
ぬか床の中には、漬け込んだ野菜の旨みが出ているし、
山椒や唐辛子、昆布も入っているし、最高です。
(ぬか床の状態を見るのに、私は時々ぬかをつまんで
食べてみます。その方が大事なぬかの塩加減とかもわかるし。)
炊いたあとのぬかが絡んだ汁も、暑いご飯にかけて食べると
幸せだなぁ~
今回は、鯖で作りました。
では・・・、我が家流の作り方を紹介します。
070716_1414~01.jpg

準備するものは、鯖とぬか床のぬか。
070715_1425~01.jpg

鯖1尾は頭を切り落とし、内臓を出し、ぶつ切りに。
醤油・砂糖・水を鍋に入れ、煮立ってきたら鯖を入れます。
(魚の臭み消し、魚の旨みを出す為に、酒やみりんを
使う方が良いのでしょうが、我が家は使いません。)
070715_1427~01.jpg

20~30分ほど煮込みます。そしてぬかみそを投入。
070715_1439~01.jpg

ぬかみそを入れて、クツクツ煮立ってきたら、弱火にして
5~10分位煮て、鍋に蓋をして、余熱で味を染み込ませます。
※各家庭によって、作り方は色々と違うようです。

レシピ分量(我が家の場合の目安)
鯖   1尾
水   300cc
醤油  200cc
砂糖  100g
ぬか床 200g
好みにもよりますが甘辛く炊いた方が美味しいようです。
ぬか床の塩加減によって、醤油・ぬか・砂糖の量は、
調節する方が良いかと思います。
魚は、イワシやキビナゴでも美味しいです。
小イワシやキビナゴは、骨まで柔らかくなるので
骨ごと頂けます。
スポンサーサイト

テーマ : これは美味い!!
ジャンル : グルメ


人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お料理上手なんですね♪
ひろしパパも幸せだぁ(人´∀`).☆.。.:*・°
あたしも参考にさせてもらってます。
あたしの手料理でヤツを落としてみせるっ(¬_¬;)

チャコさん・・・

ヤツを落とすって?意味深ですねぇ。
料理は、上手ではないですよ。
お腹の中に入ってしまえば同じですから・・。

パパに聞いてみて下さい。普通って言うはずです。
自分で作るより楽だから、まずいと思うんではない限りは
我慢して食べているかも。(^^;;
実はパパの方が私より器用ですよ。が・・、
ひとつだけ苦手なのがあるんです。包丁を使っての皮むき・・(笑)

YouTubeLightⅢ


developed by 遊ぶブログ

最近のトラックバック

プロフィール

ハーちゃんママ

  • Author:ハーちゃんママ
  • 19XX.03.17生
  • 居住地:福岡県



最近の記事&コメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。